DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
しまうことだけだ』なんてセリフがつらなるドリアン・グレイの肖像(原作:オスカー・ワイルド) ですけど… 「もぉ…ナルシストはこう生まれゆくのね…」と言いたくなるような本ですわ。舞台でのドリアンは手鏡なんか見ちゃうしね。純粋な少年ドリアン、画家バジルのモデルしヘンリー卿と誘惑を除きさる方法はただひとつ…
昨日、今日とやたらと『 ドリアン・グレイの肖像 』で検索されてくる人が多いです。ドリアン・グレイが流行っているのかなぁ。それとも単にどこかの大学のレポートのテーマになったから、みんなぐぐっているのかなぁとか思ったりします。タイトルとあわせて、【雑感】索引語
はみんな文学作品の登場人物で、ミナ・ハーカー(『吸血鬼ドラキュラ』)、ドリアン・グレイ(『ドリアン・グレイの肖像』)、ネモ船長(『海底二万マイル』)、ジキル博士とハイド氏などなど。ああ、トム・ソーヤーも出ていました。アラン・クォーターメインも、「『ソロモン王の洞窟タイトルが覚えにくい『リーグ・オブ・レジェンド』

『ダヴィンチ・コード』『ゴッホは欺く』『月と六ペンス』『ドリアン・グレイの肖像』のような画家や絵画が題材になっている小説でお勧めがあれば教えてください。よろしくお願い致します。『ダヴィンチ・コード』『ゴッホは欺く』『月と六ペンス』『ドリアン・グレイの肖....
・・・ドリアン・グレイの肖像の第11章で「マルコ・ポーロ」はジパングの土民が 死人の口の中に薔薇色の真珠を入れる光景を目撃した」とあるが、これは何のことを言っているのか教えて下さい。....ドリアン・グレイの肖像

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © うわさ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。